鹿児島で陶芸やってます。ときどきデザインの仕事もしてます。
by しきこ
画像一覧
Top
本日の花器たち
2007年 03月 02日 *
a0043405_19425610.jpg

a0043405_19433162.jpg

a0043405_1944789.jpg

a0043405_22122229.jpg

a0043405_22123983.jpg

[PR]

by shikikobo | 2007-03-02 19:55 | 【陶芸・作品・展示会】 | Trackback | Comments(23) *
トラックバックURL : http://shikikobo.exblog.jp/tb/5187728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ビオラ at 2007-03-02 21:01 x
す、すごーい!です。
しきこさんの頭の中をはじめて覗いてみたいと思いました^^。
(失礼^^;しました。)
あんなことやこんなことがやっぱりいっぱい詰まってたんですね。
花など「興味がない・・・」なんて言っておきながら実は生け花のセンスも
あったんですね。アイビーも水仙の花も綺麗ですよ。
長方形の花器はテーブルのセンターに置いたらカッコいいだろうし
一番下の写真の花器は色も形もシックで洋花も和花も合いそう・・・。
Commented by shikikobo at 2007-03-02 21:48
↑残念ながら、ちょうど ワインちゃんが遊びにきてくれてたので、全て ワインちゃん作です。
あっ、一番上のやつは 私が私が私が(しつこいですか?) 置きました。^^
Commented by ビオラ at 2007-03-02 22:31 x
しきこさんたら、黙ってたらバレなかったのに正直者ですねぇ・・。
と、いうことでしつこい「私が・・」も許します(笑)。
ワインさん、やっぱり只者ではなかったですね・・・。次回、問い詰めたい
と思います。御覚悟を・・・(笑)
Commented by ワイン at 2007-03-03 00:03 x
・・・・・・ハズカシイ^^ゞ
工房の外に咲いてた草花を摘んで、挿しただけです。
生けただけなので、フレームにどんなふうに
納まるのかがわからなかったので、ムズカシイ・・・言い訳です。
一番下の右のスイセン、沈み過ぎですよね^^;
でも!!
シキコさんの花器がそんなこんなをカバーしてくれています!!
(このことを お伝えしたかったのです ^^ )
Commented by ぺたん at 2007-03-03 19:20 x
あのうー やっと復活しました。 
知らない間に 華道家 しきやざきになったのかと 思いました。
パソコン 買いなおすこともなく ただで修理してくれた
連れ合いの友人が 神様に見えました。
お礼は 焼酎とパンでしました。 あらゆる部門に精通した友は
財産です。 
Commented by あみろく at 2007-03-03 22:46 x
>ワインさん、ビオラさん ありがとうございました!
お心づかい、嬉しかったです!

本日「詩季工房」で しきたんの澄み切った瞳と噂?の「大福」に出会えました^^
そこで初めての「体験実習」・「実食タイム」でした。
しきたんの「つっこみ」も体験?
「独占!3時間」は それは甘くて楽しい時間でした(*^^*)v

しきたん、ありがとう!


Commented by shikikobo at 2007-03-04 08:21
>ぺたんちゃんへ
復活おめでとう。^^ 良かったね、パソコン 買い換えずに済んで・・・。
では、またここでの活躍をお待ちしてマース。^^
Commented by shikikobo at 2007-03-04 08:29
>あみろくたんへ
昨日はわざわざ来てくれてありがとう。私も会えるのをとっても楽しみにしてました。
昨年のフェスタで会った時のイメージそのままでした。かわいくて、やさしくて、まじめで・・・。(〃'∇'〃)

実は私、一昨日から風邪を引いてしまい、あみろくちゃんが来る前には、気力で治したんですが、
もしかしたら、いつものツッコミに冴えがなかったかもしれません。
いや、初心者には それでちょうど良かったかもしれませんね。^^

作品の出来上がり 楽しみにお待ちください。今度は私が会いに行きますねー。^^
Commented by チョン太 at 2007-03-04 13:01 x
ビオラさん、甘い!!
生け花を見て、絶対シキコさんではないと思いましたよ、私。
でも、最初の画像がシキコさんとは思わなかったでした。
ワインさん、才能豊な方なんですね。
いつか、みなさんにお会いしたいな~。
あみろくさんがシキコさんの所についた頃、私は昼食の
ラーメンを食べてたと思います。
いつか、しきこさんにくっついておじゃましてみたい。
 ^ ^)/”
Commented by あみろく at 2007-03-04 13:22 x
しきたん、大丈夫?
昨日は体調がイマイチだったんね。 無理させたかな^^;
そういえば、2、3月展示会とかいろいろで フル稼働だもんね。

しかし、間髪を入れずに突っ込まれて あれで「初心者コース」とはニクイね^^
通常はまだすごいんだ(*^^*) また私の楽しみ、増えたじゃなーい~

今月はまた会えるし、季節も私も「春!」ですぅー♪♪♪ 

Commented by shikikobo at 2007-03-04 17:43
>チョン太さんへ
さすが・・・です。 実は一枚目のやつも これの倍ぐらいの長さののをのせてたら
長すぎると言われ、切ってもらったんです。
でも、くどいようですが、のせたのは わたくしでございます。^^
Commented by shikikobo at 2007-03-04 17:48
>あみろくたんへ
ご心配かけました。^^; 大丈夫ですよ、私の辞書に 「無理」とい言葉はありません。^^
では、次の機会に、私の人となりを十分にご堪能くださいませ。m(__)m
Commented by ワイン at 2007-03-04 18:22 x
あみろくさんへ
鹿児島を・・・ちがいますネ・・・詩季工房を・・・これも違うかな?
『シキコさん』を充分楽しんでいただけたようで嬉しいです。
お持ち帰りはご遠慮されたのでしょうか?^^
Commented by ワイン at 2007-03-04 19:09 x
チョン太さんへ
お言葉をそのまんま受けて・・・
ありがとうございます。ほめられる事に慣れていないので照れます^^ゞ

種明かし・・・
アイビーと草花、そして何よりも
シキコさんの『かきしかく』に助けられました。
つまり、誰が挿しても“いい感じ”になります。

ただ・・・
シキコさんにだけは、任せておけなかった・・・^^;
Commented by ビオラ at 2007-03-04 22:30 x
こんばんは。
あみろくさん、昨日はお天気もよく楽しい時間が過ごせた様子でなにより
でした^^。
また、今年のフェスタでお会いしましょうね。
ワインさんも言ってましたけどしきこさんの「お持ち帰り」は無かったんですね。
内心「ホッと」しました^^;
叶姉妹ではありませんが「姉」が居ないと私もどうしていいか分からなくなる
とこでした。
Commented by ビオラ at 2007-03-04 22:38 x
チョン太さんへ
私もまだまだですね^^
先日しきこさんと食事したんですが、この魅力は何処からくるんだろう?
と、お話ししながら考えてました。
チョン太さんご存知でしたらおしえてください^^。
Commented by ビオラ at 2007-03-04 22:49 x
忘れてました。
しきこさん、昨日、展示会行って来ました。
新作、とっても良かったです。布目は優しい感じ、ブルーはシックで
料理が引き立つ感じでオトナっぽい・・(うまく言葉で表現出来なくてゴメンなさい)
という印象を受けました。
それと良寛さんの作品もしきこさんの作品のすぐそばにありました。
良寛さん、書も書かれるんですね。見入ってしまいました。
私も刺激を受けました・・・。
何かしなければ・・・と気持ちばかりあせってしまいますがなんの取り柄も
ない自分が情けないです^^;
Commented by あみろく at 2007-03-04 23:13 x
ワインさん、ビオラさん そーなんですよ。
持ち帰り用にラッピングをお願いしようと思いましたら、御二方ともかなり遠方との事で、今回は諦めました^^

工房で「ロクロ」を教えて頂いてるとき頭の中では映画「ゴースト」の一場面を思い浮かべておりました。しかし、緊張しましたね^^:

Commented by チョン太 at 2007-03-05 12:23 x
ビオラさん、シキコさんの魅力はどこからくるかなんて…
わからないから魅力なんだと思います。
私、考えた事もないです。
魅力…って表現すれば魅力。
私はチト変なやつって感じです。(失礼!)
そのへんの生態はモモチラさんが詳しいと思いますよ。
Commented by shikikobo at 2007-03-05 16:34
↑一言で言えば、チョン太さんが言ってるように、「ちとヘン」が 正解だと思います。
それを基準として、上に行けば 「普通人」、下に行けば、「変わり者」扱いだと思います。
ということで、いつも言ってますが、私が常に皆さんの下にいますので、皆さんは安心して生きてください。
Commented by ぺたん at 2007-03-07 01:10 x
しきこさん
完治しましたら 120パーセントになりましたら
連絡ください。 熊本組はいろいろと企みがありますので!
さてと お題の歌はあとから悩むことにして ひさしぶりに詠んでみました。
さえら先生も皆さんもニュースでご存知とは思いますが
南阿蘇の山火事は 多くの方々の力で 鎮火しました。 しかしながら5月に赤紫色の裾野が広がるミヤマキリシマは 全体の3分の1が焼け焦げてしまいました。
成長の遅い貴重な植物なのですが 根っこだけでも生きててほしいとねがうばかりです。先日の日曜は26度と夏日でしたが今朝は -4度で霧氷でした。
自然は厳しいです。 さえら先生レシピよろしくお願いします。

焼け焦げた ミヤマの芽吹き いつの日か 願い谷まで ホーホケキョー

今回の山火事の火をつけてしまった方も軽症でよかったです。
私も火の元に 気をつけます。
Commented by saelas at 2007-03-07 08:29
♪ ぺたんさんへ
わたしも、このたびの南阿蘇の原野火災には、こころをいためて
おりました。この場をかりて、地元のみなさまにお見舞い申しあ
げます。
被災地では、しばらくの間、美しいミヤマキリシマの花が見られ
なくなるのはざんねんですが、もともと火山活動で乱された山肌
での優先種として生きてきた植物(むしろゆたかな森林地帯では
育つことができない)のはずですから、紫紅色の花が見られる日
も、そう遠いことではないかもしれません。

▼つづきます。
Commented by saelas at 2007-03-07 08:29
それでは、レシピです。
今回の原野火災をきっかけとして、南阿蘇を愛する気持ちがいっ
そう深まっていくような、ぺたんさんのこころの動きが伝わって
きました。
この歌のなかで、わたしが気になったのは、「ミヤマキリシマ」
が「ミヤマ」と詠まれている点です。(地元では、おそらくそう
呼ばれているのでしょう。略したほうが、花への親しみや愛情を
感じることもたしかにあることです)
それをふまえ、わたしは、つぎのように詠んでみました。

焼け焦げた ミヤマキリシマ 芽吹く日へ 願い谷まで ホーホケキョ

正式な呼び名をつかったことでちょっぴり冷たい印象になってし
まったような気もしますが、いちおう全国レベルで理解できる歌
になったということでお許しください。
また、結句のおわりは「キョー」してしまうと、すこし間延びし
た印象になってしまいますので「キョ」とさせていただきました
が、いかがでしょうか。

                          さえら