鹿児島で陶芸やってます。ときどきデザインの仕事もしてます。
by しきこ
画像一覧
Top
95 %
2007年 05月 11日 *
三角フラスコです。
中味が見えないので、化学反応ぶりが分かりませんが、想像するのも化学です。違いますね。
目盛りを付けようと思ったのですが、どっちにしろ役に立たないので止めました。
実験は自身の勘をたよりに行ってください。

a0043405_11105050.jpg

気が付けば相変わらず花瓶ばかり作っています。これは本来の自分のフォルムから 5% 引いたもの。つまり いつもの一輪挿しの最後の仕上げをせずに作品にしたものです。

※ さて、質問です。どうして私はこんなに花瓶を作るのが好きなんでしょうか?

    ① 植物をこよなく愛するから
    ② 削らなくて済むから楽
    ③ その他

では、ごきげんな回答をお待ちしてます。m(__)m
[PR]

by shikikobo | 2007-05-11 11:18 | 【陶芸・作品・展示会】 | Trackback | Comments(15) *
トラックバックURL : http://shikikobo.exblog.jp/tb/5567075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jajatojaja at 2007-05-11 11:57
おもしろい作品ですねww けっこう、好きです♪
なかなか味のある一輪挿しww 

さて、質問の答えです
    ③ その他

理由:人には花瓶と言いながら、ぢつゎ・・・中にこっそりと般若湯などを入れ、夜な夜な呑んでいるる♪
(下戸であるというのも、ぢつゎウソww。やまたのおろちみたいなウワバミ♪)

いかがでせう???
Commented by ビオラ at 2007-05-11 13:37 x
答え ①植物をこよなく愛するから。
   近頃のしきこさんは今まで見過ごしていたものに目を向け始めたのである。
   この花にはどんな花瓶が似合うか・・と考えているとしきこさんらしい
   素敵な花器が生まれるんです  
   んー、すんばらしい^^。

 あっ!今、下向いたら鼻水が「ポタポタ」落ちてきました。
 「ひえーくしょん!」くしゃみも止まりません。
 今日、激安薬局の「こす○す薬局」に行こうと思ってたのに
 鼻が真っ赤じゃ行けやしねーや。(怒)軟膏でも塗ったろかぁ?
 と、まぁ、
 今一、ごきげんじゃないので、ごきげんな回答できなくてごめんね^^。
 
  
Commented by shikikobo at 2007-05-11 22:44
>jajaさんへ
③で正解です。 一輪挿し=徳利 という安直さはどうかと思いましたが、
回答の早さでオッケーということにします。^^
Commented by shikikobo at 2007-05-11 22:49
>ビオラさんへ
①で大正解です。今、花壇に植えたアイビーとローズマリーの育ち具合を毎朝 チェックしてます。

Commented by あみろく at 2007-05-11 23:03 x
答え ③その他

   しきたんの過去において「花瓶」=素敵な思い出・・・があり、花瓶を作ってる
   ときはその思い出に浸れるから。

私の相方にクイズの答えを聞いてみました。

答え ③その他
    
   しきたんは好きになった人に「花瓶をあげる」習慣があり、最近、沢山
   好きな人が出来たから・・・俺も入ってる?(*^^*)

ぐしゅん!ビオラさんと同じく鼻水、微熱、のどの痛みで今週は薬漬けでした。
鼻はトナカイさんの鼻みたいに赤くなり、目はうさぎさんの目です。
昨夜はニャン次郎が肉球で熱を計ってくれました^^

今から「卵酒」飲んで寝ます。

Commented by マンダリン at 2007-05-11 23:53 x
じゃあ、僕は、
答え ②にします。

残りものに福がある、という安易な発想じゃないんですよ!?

野に咲く花のような自然のままの美しさを再認識された
しきこさんは、表面に手を加えない自然のままの風合志向になってるんです。
そう、美しさに過敏になっているので、花瓶を作ってるんです。きっと。

これを、あえて、
「削らなくて済むから楽」
と表現されているんです。きっと。

それは、しきこさん以外には、分からないことです。
湿台に聞いても答えは返ってきません。
「そんなこと、シッタことか」と。(謝謝&笑)。
Commented by shikikobo at 2007-05-12 07:40
>あみろくちゃんへ
ろまんちっく的発想 ありがとうございます。
そんな思い出はまったくありませんが、今から作りたいと思います。^^

>相方さんへ
はい、あなたが入ってるかどうか分かりませんが、好きな人はいっぱいいます。^^
次の熊本では是非 親密交際を・・・・。
Commented by shikikobo at 2007-05-12 07:55
>マンダリンさんへ
②しかないですよね。^^ マジ正解です。
ただこの一輪挿しは、表面に手を加えてないのではなく、手を加えてこうなっているのです。

過敏=花瓶 ← 突っ込む気力もないくらいの初心者レベルに、今まで私は何を
教えてきたのだろうか?と、自己反省しきり・・・。

と、思ってたら、「シッタ」では、また不覚にも笑ってしまいました。
しかし、この記事で 湿台(シッタ)は、出てきてないのに、無理やり登場させた感ありありです。
私が思うに・・・、たぶん 以前思い付いて これを使ってやろうと、ずっと思ってて、
待ちきれずのネタ披露かと推測します。ご苦労様でした。^^
Commented by ワイン at 2007-05-12 19:04 x
答え ③その他
    シキコさんを通じて、土が作品になるまでの工程をより詳しく知りました。
    その『手間』の掛かり様に驚いています。

理由>作り手、つまりシキコさんが、今、作りたい物を作っている。
    継続と、良い作品へと繋げる為に。
    
    夏スミレ、日々草、ジニア、フレンチラベンダー、そうそうミニバラ
    せっせと育てています。
    どれも、一輪挿しに似合います。
    詩季工房の花瓶が待ってるからね^^
    (久しぶりに、本来のワインらしいコメントにしてみました^^ゞ )
    
Commented by ワイン at 2007-05-12 19:11 x
ただいまぁ~・・・
ここで、ゆっくりみなさんのコメントを読んで、更には、コメントを入れてる場合いじゃなかった・・・
ガックシ・・・・
Commented by shikikobo at 2007-05-12 21:51
>ワインちゃんへ
③正解です。理由もさすがです。^^
作りたい物というか、思わず作ってしまう物というか・・・。
登山家が、「そこに山があるから・・・」と言うように、そこに粘土があるから・・・。^^;

うちの庭の片隅には どくだみの花が咲いてます。あと、数種類咲いてるけど、あとは
名前が分かりません。
Commented by マンダリン at 2007-05-12 23:05 x
>ただこの一輪挿しは、表面に手を加えてないのではなく、手を加えてこうなっているのです。
そうなんですね(謝)。
なんとなく、違いを感じていたのですが・・・。
よ~く見ると、表面が、なんか、なんとかちぢみ、ってな感じですね。
やっぱ、さすが、プロですね。

過敏=花瓶
そうですよね。あまりにも、レベル低すぎますよね(涙&謝&笑) 
しきこさんの今までのご指導を無にするようなことをしてはいけませんね(謝&笑)。

「シッタ」
これは、自分でも、クリーンヒットになるんじゃないかって、期待してました。
ちょっと、ニッコリです(嬉)。
でも、たしかに、ちょっと、無理がありましたね(謝&笑)。
Commented by あさぬの at 2007-05-12 23:09 x
 みなさん、こんばんは。
楽しかったオフ会からあっという間に一週間が過ぎてしまいました。
私の机の上には、あ・の・小旗が、、。
 ワインちゃんの御家族は幸せですね。毎日いろんなサプライズが
用意されていたりして、、。その暖かいハートと遊び心に惚れて
しまいました。
 次のオフ会が楽しみです。

 さて、私の答えは③です。
最近、植物を育てることに目覚めたシキコさん。
ただし、今はアイビーに限られているはず、、、。
そのアイビーが映えるのは、白っぽい花瓶。
 そこで ひらめいたのが、このおいしい手法。

 どうかな?
Commented by shikikobo at 2007-05-12 23:29
↑うーん、なかなかいい線いってると思います。
たしかに アイビーは 白っぽい擦れた感じの花瓶に合うような気がします。

と、まあ、様々な回答が出揃いましたが、一番の理由は、もちろん②です。^^;

さて、うちにも 例の小旗が2本あります。(びゅーさんの分も貰ってきた)
皆さんは この小旗をどうしているのでしょうか? 何か使い道があったら教えてください。 
Commented by ワイン at 2007-05-13 00:24 x
40年来の憧れのあさぬのさんに
そのように言っていただいて^^ゞ
次のオフ会?・・・もう旗は作れません。菜箸がないので^^