鹿児島で陶芸やってます。ときどきデザインの仕事もしてます。
by しきこ
画像一覧
Top
<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
*

*
2007年 11月 28日 *
さえら先生レシピお願いします。


        木漏れ日の ベンチに二人 笑顔にて    ピロシキ


鹿児島で、公園で時間を過ごすことになり、そのとき浮かんだ句です。よろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[追記]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
センセイのコメントです。

♪ ピロシキさんへ

鹿児島では、楽しい時間を過ごすことができたようで、よかったですね。

それでは、レシピです。

冬の日の公園、ベンチにすわり、のんびりとくつりでいる二人の、ほのぼのとした光景がうかんできました。
この句のなかで目について気になることはありませんが、あえて挙げるとすれば、下五がなんとなく(ですので、あまり気になさらないでください。念のため)しっくりこないような感じがあるかも?ということです。

そこで、わたしは、ご参考までにつぎのように詠んでみました。


        木漏れ日の ベンチに二人 笑みこぼれ


下五の「笑顔にて」を「笑みこぼれ」にかえました。
上五の「木漏れ日」と対比させて、言葉遊びのようなことをしてみましたが、いかがでしょうか。

                                               さえら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

2007年 11月 28日 *
森一規さんの窯開き展に行ってきました。うちのブログにも時々コメントをくださるkazetumaさんのご主人です。12年前の工技センターでの研修生時代 茶漉しの穴の開け方を教えてもらったことがあります。

a0043405_2118156.jpg



a0043405_21182751.jpg



a0043405_21184083.jpg



a0043405_2138420.jpg

上品さこの上ない作品の数々です。12月2日まで開催中ですので、皆さん 是非 お出かけください。詳しくは ブログ「ふわり 陶かぜ日記」をご覧ください。
[PR]

2007年 11月 23日 *
薩摩焼フェスタ 2日目です。

a0043405_0245922.jpg



a0043405_025139.jpg



a0043405_0252381.jpg

[PR]

2007年 11月 20日 *
今日は搬入でした。「薩摩焼フェスタ」 21日~25日まで かごしま県民交流センターにて開催です。
ということで、生け花の苦手な私のために 夕方 ワインちゃんが来てくれました。花器は「ゆらぎⅠ

a0043405_22263170.jpg
               このそこらへんにあるような葉っぱも買ってきてくれたものです。



a0043405_22264151.jpg
               反対側から見てもなかなかのものです。
[PR]

2007年 11月 18日 *

やっと、ぜんざい作りました。自分で言うのもなんですが、甘さ控えめで美味しくできました。
a0043405_1174763.jpg




お抹茶です。お作法はよく分かりませんが、とりあえず どうぞ・・・・。
a0043405_1175929.jpg




ささ、遠慮なさらずに・・・。
a0043405_1182135.jpg




では、お菓子だけでも・・・。
a0043405_1183918.jpg




あとは若い者にまかせて・・・・。
a0043405_119877.jpg


     ♪秋の夜に 一人お点前 いと虚し       しきこ
[PR]

2007年 11月 16日 *
プロのカメラマンに撮ってもらいました。色がすっごい鮮やかです。

a0043405_21205552.jpg
               料理・・・卵焼き・きんぴら    器・・・台皿



a0043405_21211126.jpg
               ケーキ・・・ガトー・ショコラ    器・・・角プレート
[PR]

2007年 11月 15日 *

a0043405_1739267.jpg
                    ♪あの頃とおんなじ思いで恋のつづきを




a0043405_17394061.jpg
                        ♪刹那の願い とわの恋へと
 
[PR]

2007年 11月 14日 *
             
a0043405_1534733.jpg
                        ♪千年先もドキドキしてたい



a0043405_15342827.jpg
                       ♪勘違いから始まるよ僕のラブ
[PR]

2007年 11月 14日 *

たかだかみそひともじの世界で、同じ言葉が重複することってかなりの確率でありうると思うのですが、そうした場合のパクリ、盗作問題はあるのでしょうか?
言語学とは離れた問題ですが、こうした場合の著作権みたいなとこで、ご存じの部分があれば教えていただきたく思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
センセイのコメントです。

♪ じゃじゃさんへ 

【さえらメモ:短詩の盗作問題】
短歌や俳句も著作権をもっていることはいうまでもありません。
ただ、いずれも短詩であるがゆえに、じゃじゃさんが懸念されているような「盗作疑惑」や「パクリ」といった問題がおきてしまうことをさけることはできないようです。

著作権について、わたしは専門ではありませんので、くわしく述べることはできませんが、作品を創るという立場で意見を述べるならば、創作の際に「盗作」や「パクリ」の意図が作者にあったかどうかが、その基準になるのではないかと思います。

つまり、意図せず、結果として似たような作品ができてしまったのは「盗作」や「パクリ」にはあたらないのではないかということです。

それを職業としている歌人や俳人が著作を出版する際に、どこかで他者が似たような作品を発表していないかをチェックするのは、ありうることですが、趣味として詠んでいる場合には、それほど気にする必要はないのではないでしょうか。

ちなみに、和歌や連歌の技巧のひとつに「本歌取り」というものがあります。
これは、すぐれた古歌や詩の語句などを意図的に取り入れる表現方法で、たんなる「パクリ」とはちがうものです。
むしろ、それは、オリジナル作品への傾斜や尊敬の念が含まれたものということができます。

                                                    さえら

[PR]

2007年 11月 13日 *
11月のウェブ歌会・句会にご参加いただきありがとうございました。
来月は 12月9日(日)~10日(月)、テーマは 「電話」「メール」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
センセイのコメントです。

♪ みなさんへ

今回のお題、「恋」は、いかがでしたか。
みなさんの思いが込められた作品を、ひとつひとつ、胸ときめかせながら拝見させていただきました。ありがとうございます。

今回も、おひとりずつに、感想とあわせて【レシピ作品】ということでコメントさせていただきます。

なお、わたしが、もとの作品の解釈をまちがえて【レシピ作品】を詠んでいることがあるかもしれません。その場合は、遠慮なくおっしゃっていただければと思います。レシピについてのご質問がある方も同様です。
                                           さえら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ しきこさんへ

初句の「世界一」、おおげさじゃないと思います。ということで、第四句のスケールを、それにあわせてみました。

【レシピ作品】

世界一 スローペースな 恋しよう 千年先も ドキドキしてたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ 紫陽花さんへ

愛するひとへの思いが編み込まれたセーター、こころまであたたかくなる贈り物ですね。

【レシピ作品】

色えらび 手編みのセーター 君の為 一目一目に 愛を編み込む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ あみろくさんへ

この歌のように思える関係、とてもすてきですね。いつまでも仲のよいおふたりでありますように。

【レシピ作品】

何年も 君と一緒に あの頃と おんなじ思いで 恋のつづきを

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ ワインさんへ

その「染め斑」さえも、おそらくは、人生の味わいになっていくんでしょうね。

【レシピ作品】

恋模様 染め斑いとし 二十五年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ RYOUKANさんへ

初句に「勘違い」をもってきたことで、歌全体がいきいきしたように思います。

【レシピ作品】

勘違い から始まるよ 僕のラブ いつもそうだよ 恋に恋して

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ ピロシキさんへ

深まる季節の日暮れどき。これは、まさに、恋に落ちるシチュエーションですね。

【レシピ作品】

恋に落つ 神在月の 日暮れかな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ じゃじゃさんへ

思いがけず、ふられていた。そのときの、ポカンとしたようすがうかんできました。

【レシピ作品】

結婚すると聞かされた まばたきの仕方が思い出せない ウソ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ ビオラさんへ

何年も連れ添ったおふたりなのに、指先がふれたことにはにかんでしまったなんて、ほほえましいですね。

【レシピ作品】

秋の暮 伴侶とふたり 散歩道 指先触れて 妙にはにかむ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ マンダリンさんへ

どこまでも澄みきった秋の夜空をいく流れ星。願いが叶いそうな気がしますね。

【レシピ作品】

北の空 飛び込んでいく 流れ星 刹那の願い とわの恋へと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ テキーラさんへ

ときに複雑にからみあい、ときに美しい織物になる。恋は、まさに「糸」のようですね。

【レシピ作品】

恋の綾たて糸よこ糸きみの意図

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ ぺたんさんへ

大好きなひとと美しい時間を共有する。それは、永遠の誓いへとつながっていく思い出となるのでしょうね。

【レシピ作品】

つかのまのブルーモゥメント浴びた恋蒼くとわにと君がささやく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]