鹿児島で陶芸やってます。ときどきデザインの仕事もしてます。
by しきこ
画像一覧
Top
RYOUKANさんの質問
2007年 12月 12日 *
さえら先生レシピ有り難う御座いました。いつも字余りを避けて窮屈な感じで作っておりました。初歩的な質問ですが、字余りについて教えて下さいますか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
センセイのコメントです。

♪ RYOUKANさんへ

字余りについて

俳句や短歌は、短詩のなかでも、とりわけ調べ(韻律)をだいじにして発展をつづてきました。
俳句なら五・七・五、短歌なら五・七・五・七・七のリズムです。
こうした韻律におさまったのは、おそらく、わたしたち日本人の耳に心地よいリズムであったことがおおきく関係していると思われます。

わたしたちは、このリズムを利用することで、言葉のもつ印象をよりおおきくひろげ、句や歌の世界へとひとのこころを誘うことができるわけです。

ただ、このきまりにばかりこだわっていると、言葉がぎくしゃくしたりすることがあります。
その場合は、かたくなに文字数あわせをしなくてもいいのではないでしょうか。

古歌のなかにも字余りにしたことで、(リズムがゆったりとし)のどかな感じをあたえ、成功している作品がみられます。
このあたりの感覚は、やはり、経験によるものなのでしょう。
つまり、それは、より多くの作品にふれ、自らもたくさんの作品を詠んでいくことで、自然に身についてくる感覚だということができるかもしれません。

                                                さえら

[PR]

by shikikobo | 2007-12-12 08:04 | 【短歌・俳句の質問】 | Comments(1) *
Commented by RYOUKAN M at 2007-12-12 19:53 x

こんばんは。本当に初歩的な質問に対して、丁寧な御教示ありがとうございました。良く理解出来ました。
これからも拙い作品ではありますが、楽しみつつ詠んで行きたいと思います。さえら先生、この一年レシピありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。少し早いですが、良い新年をお迎え下さいませ。